技術

【ボレー編】苦手で前に出れない… コツを掴んで勝利を手にしよう!

ボレーが苦手で試合で前に出られない、ダブルスで前衛が苦手という方はいませんか?

前に出られた方が、攻撃には優位になるけど、抜かれたらどうしようと不安になりますよね。

また、ストロークはよく練習するけど、ボレーは練習する機会が少ないという方も
いらっしゃるかもしれません。
苦手意識があると、練習するのも億劫になりますよね。

そんな時は、ボレーの基本に戻って、自分が苦手な部分はどこなのか
把握することで、克服する手掛かりが見つかると思います。

なので、今回はボレーの基本を一緒に見直していきましょう。
また、練習方法も紹介していきます。

  1. 構え
  2. 打点
  3. 練習方法
  4. 試合での応用

1.構え

ボレーって飛んでくる打球が速く、ノーバウンドで打たなければならないので
準備する暇もないですよね。
なので、どうしても構えが不完全な状態になってしまうことってありませんか?

私もなかなか飛んでくるボールにタイミングが合わず、
オーバーコートしてしまうことが多々ありました。

では、構えはどのタイミングで行えば良いのでしょうか?

  1. スプリットステップをする
  2. スタートポジション時にラケットを高めにセットする
  3. 相手コートを通過している時に判断する
  4. テイクバックはしない

まず、相手が打つ瞬間にスプリットステップ(その場でジャンプして、
次の動きに早く入れるようにする)をすること。

その時、構えはスタートポジションですが、
ストロークの時よりラケットを高めにセットしておきます。

基準としては、顔の前あたりにグリップがくるようにします。

次に、相手が打って、まだボールが相手コートを通過している時に、
フォアで打つか、バックで打つか判断します。

この時に注意して欲しいのが、テイクバックを出来るだけしないことです。
テイクバックをしてしまうとタイミングが合わせづらかったり、打った時にオーバーコートをしてしまいます。

なので、テイクバックせずに、それぞれの打点の位置にラケットを構えるとタイミングを合わせやすくなります。

2.打点

ボレーの時の打点は、打球が速いため
準備する時間がなく、乱れやすいですよね。

そのため、打点の位置は、先程のスタートポジションの位置でラケット面を
フォア側またはバック側にセットするだけ
にするといいと思います。

すると、自然と顔の前にラケット面がセットされインパクト時も目で
確認することが
可能になります。

3.練習方法

なかなかボレーのみを練習する機会が少なく、
ボレーは苦手だけど、何をしていいか分からない
と悩むことってありませんか?

私も苦手とは言えど、何をどうやって練習すればいいのか分からないことが多々ありました。

1番は実戦練習で、ストロークを打った後に前に出てボレーをする。
この練習を行う事で、どの程度の力であればオーバーコートしないか、
タイミングの合わせ方を練習することができます。

しかし、実戦練習では、速い打球を打つのでなかなか細かいところまで確認しながら行うのは難しいですよね。

なので、2人で行うものになってしまいますが、1人がトスを上げて、
それに対してタイミングを合わせて打つ練習。

これは、打点を意識する、インパクトを目で確認する
クセをつける練習に持って来いです!

1人で行う場合は、壁打ちがいいかもしれないです。

4.試合での応用

ボレーを打つのに少し慣れてきたけど、
試合ではどんな時に使えばいいのか分からない…
そんな時ってありませんか?

私は、どのタイミングで前に出ればいいのか分からず悩んだ時がありました。

なので、私が教わっていたことをここで紹介したいと思います。

一つは、ストロークで、できるだけ相手を後ろや左右へ揺さぶり、
チャンスボールを待つ方法があります。

この方法は、ある程度ストロークで追い込むのでボレーを決めやすく、
よく使われる方法です。

もう一つは、ボレーで徐々に追い込む方法です。

これは、ストロークで追い込むこともしますが、ラリーの早い段階で前に出て、
ボレーで前後左右に揺さぶり、チャンスボールを叩く方法になります。

この作戦のメリットとしては、前に出て攻撃するので、
相手に考えさせる時間やストロークの構えをさせる時間を与えず、
自分優位に試合を進める
ことができます。

この作戦で必要なことは、ボレーなどの前で行う攻撃に自信があること。
前に出て少しでも躊躇してしまうとすぐにミスしてしまい、
それが後のプレーにも影響してしまうからです。

以上の点から、自分はどういう作戦が向いているか考えてみるのもいいかもしれません。

まとめ

今回は、ボレーについて見直してみました。

ボレーは、なかなか苦手意識が強く、あまりやりたくないショットになりがちですよね。

しかし、ボレーができるようになるだけで、攻撃の幅は広がるだけでなく、
試合を優位に進めることができます。

なので、最初は簡単なことから少しずつ練習して苦手意識を追い払ってみましょう。

試合でボレーが決まった時、きっとテニスがさらに楽しくなるでしょう!